「米の秋田は酒の国」美酒王国秋田は数多くの銘醸蔵で芳醇な酒が醸されております。

「両関」の創業は明治7年(1874)です。そして明治から、大正、昭和、平成への長い歳月を経て、歴史と数々の伝統を積み重ねながら現在に
至ります。

この間、個人商店から「合名会社伊藤仁右衛門商店」へ、そして「両関酒造株式会社」へと着実に成長して参りましたが、その道程は平坦なものではありませんでした。廃業を決意した時期や戦中戦後の困難な時期を、先人達の懸命な努力と創意によって克服してまいりました。特に九代・仁右衛門と二代・忠吉のコンビに負うところが多かったのですが、何よりも今日に至るまで、ご声援・ご援助を戴いた指導機関や酒類流通 業界の皆様、そして消費者の方々の強力なご支援の賜と、厚くお礼申し上げます。

弊社では現在、創業以来の「人の和によって生まれ、人の和を醸す」「品質第一主義」というポリシーを堅持しながら、更に新しく構築した企業理念のもとに、社内の陣容の強化と意識改革、そして消費者サイドの視点にたった酒質と商品体系の見直しを推し進めています。

今後ともこれまで以上に皆様方から広く愛され、親しまれる「両関」を目指し、努力して参りますので、倍旧のご支援とご愛顧を賜りますよう心よりお願い申しあげます。



 沿革

年号
(西暦)
事象
明治7 (1874) 七代仁右衛門(53才)酒造業創業
明治14 (1881) 明治天皇東北御巡幸湯沢町御駐車の際献上
明治27 (1894) 七代没す。庄治八代仁右衛門襲名
明治40 (1907) 第一回全国清酒品評会一等賞受賞
大正2 (1913) 第四回全国清酒品評会優等賞受賞
大正4 (1915) 大正天皇御即位奉祝の為献上
大正10 (1921) 第八回全国清酒品評会で名誉賞受賞
大正12 (1923) 東京市場へ進出/本舗本屋改築工事竣工
大正15 (1926) 八代没す。良之助九代仁右衛門襲名
昭和9 (1934) 第十四回全国清酒品評会で二度目の名誉賞受賞
第二工場を設立/酒造業創業
昭和14 (1939) 戦争のため原料米割当制となる
昭和16 (1941) アルコール蒸留、合成酒、焼酎製造開始
昭和18 (1943) 企業整備のため、第二工場操業停止 
ぶどう酒製造開始
昭和22 (1947) 第二工場復活
昭和36 (1961) 九代没す、一太郎十代仁右衛門襲名
昭和49 (1974) 創業100周年
昭和58 (1983) 乙類焼酎、甘味果実酒製造開始
昭和59 (1984) ワイン工場新設
昭和60 (1985) 両関ホームワイン(梅みつワイン)
第四回秋田県特産品開発コンクール 最優秀賞受賞
昭和61 (1986) 会社組織を両関酒造株式会社に改組
昭和64 (1989) 代表取締役会長十代仁右衛門没す
平成6 (1994) 創立120周年
明治38年(1905年)頃の 両関本舗
入口に立っているのが八代仁右衛門
両関本社工場
第二工場


■社名 両関酒造株式会社
■設立 1986年7月(創業明治7年)
■代表者名 伊藤康朗
■資本金 550万円
■従業員数 38名
■業務内容 酒類製造業



 アクセス

■JR湯沢駅より徒歩15分
■ 秋田自動車道湯沢インターより車で約3分
■Googleマップはこちらから

両関酒造株式会社 〒012-0813 秋田県湯沢市前森4-3-18
TEL.0183(73)3143(代) ■E-mail:ryozeki@ryozeki.co.jp

CopyRight 2004 All rights reserved by RYOZEKI CO.,LTD.